高品質スピード印刷通販プリントハウス > ご利用ガイド > 印刷物の仕上がりについて

印刷物の仕上がりについて

【印刷物の色について】

  • 印刷方法、使用するインク、紙などの差により、お客様のお手元で出力された印刷物と仕上がった印刷物の色味は異なります。
  • ディスプレイの設定等により、画面で見る色と仕上がった印刷物の色味は異なります。
  • 少部数の印刷物も低価格でご提供できるよう、同じ用紙を使用するお客様のデータを並べて一度に印刷いたします(多面付け印刷)
    個別での色調整にはご対応いたしかねますのでご了承ください。
  • シール・ラベル印刷、封筒印刷以外はCMYKの4色での印刷(プロセスカラー印刷)となります。
    RGBや特色で設定されているデータは正しい色で印刷されません。
    かならずプロセスカラーで製作してください。
  • Microsoft Officeで使用できる画像、色設定などはRGBカラーとなっております。
    印刷時に色味が変化いたしますのご注意ください。
  • 同じデータで追加の印刷を行なった場合でも印刷のたびに許容範囲内での色味の変化が起きます。
    1回目の印刷は「赤みよりの許容範囲」、2回目の印刷は「青みよりの許容範囲内」で仕上がった場合、色によっては違いが大きく見えることがございます。
    (CMYのみで作成されたグレーなどは色がぶれやすいのでご注意ください)
  • リッチブラック(CMYを含む黒)はフルカラー印刷の扱いとなります。
    モノクロ印刷の際は必ず黒(K)1色のみでデータを作成してください。

【データについて】

  • 断裁のズレが生じる場合がございますので、必ず塗り足しを付けてください。
    また、仕上がり線ギリギリに配置された文字などは切れてしまう場合がございます。
    切れては困る文字・絵柄は3mm程度内側に配置してください。
  • ヘアライン線、塗りだけの線はプリンターや画面上では見えていても印刷には出ません。
    Illustratorの場合、線の設定で0.3pt(0.1mm)以上に設定してください。
  • データと出力見本が異なる場合、データを優先して印刷いたします。
  • 出力見本は画像のリンク切れや文字のアウトライン化漏れ、データの破損などを確認するためのものです。色味の確認や文字の校正は行いませんのご了承ください。
  • 表面はタテ向き・裏面はヨコ向きなど、タテ・ヨコが混在するデータは必ず天地のご指示をデータ内、または出力見本にご記入ください。

データを作成される際は、テクニカルガイドもご確認くださいますようお願いいたします。

スピード検索
サイトマップページトップ